1. ホーム
  2. 男の脱毛の記事一覧
  3. 脱毛クリニックの医療レーザーは保険は効く?

脱毛クリニックの医療レーザーは保険は効く?

医療レーザーは保険適用外

医療保険は、医療機関において病気やケガの診察や治療などのために使われるものです。

医療脱毛は医療機関で行う施術ですが、美容行為に当てはまるため、医療保険を使うことができません。

医療機関での診察は保険が適用される「保険診療」と適用されない「自由診療」に分かれます。自由診療では、保険が適用されないため、高額療養費制度も対象外となり全額自己負担です。

保険適用外のケース

美容目的

一般的な美容外科で行われる、整形・美肌治療・痩身などの診察や医療行為は、そのほとんどが病気やケガ治療の目的ではないため、医療保険が適用されません。

ただし、思わぬ事故などで顔や体に損傷を受けた場合に形成外科で受ける整形手術などの治療は、治療行為と見なされるため、医療保険を使うことが可能です。

また、他人に不快感を与えるような重度のワキガ手術も同様です。

近視の手術など

近視・遠視・色盲・斜視・乱視など回復の見込みがないと判断される症状の手術においては、医療保険を使うことができません。

ただし、仕事や学業に支障をきたすほどの斜視や乱視、視力に変動がある場合の診察や診療においては保険が適用されます。

研究中の先進医療

先進医療とは、厚生労働大臣によって定められた、安全性や治療の有効性が一定の基準を満たしているにも関わらず、公的医療保険が適用されていない高度な医療技術をいいます。

昨今行われている先進医療には、水晶体の再建、がん治療(重粒子線・陽子線治療など)、遺伝子診断などがあります。先進医療は、大学の機関や研究所などで研究が進められているものです。

しかし、医療保険が適用とされるまでの、病気の治療に十分な医学的根拠の基準を満たしていないことが理由となり、医療保険の適用外とされています。

ただし、先進医療を受けるまでの検査・診察・入院・投薬などは医療保険が適用されます。

健康診断、人間ドック

健康診断・人間ドック・成人病検査は、病気やケガの治療目的ではないため、医療保険は適用されません。

診断結果が出て、治療や入院、投薬が必要となった場合は適用されます。

予防注射

インフルエンザなどの予防接種、または予防内服は、病気やケガを治すためのものではなく、予防のために行われるものなので、医療保険が適用されません。

ただし、人への感染度、医療的重要度が高い病気(はしか・百日咳・狂犬病・破傷風など)では、医療保険が適用されます。

正常な妊娠・出産

正常な妊娠や出産は病気と見なされないので、医療保険が適用されません。

ただし、重度悪阻・異常分娩・妊娠高血圧症候群などの治療が必要と見なされる場合は医療保険が適用されます。

経済的理由による人工妊娠中絶

経済的理由による人工妊娠中絶は医療保険の適用外とされますが、経済的理由に該当しない場合は、母体保護法に基づいて医療保険が適用される場合があります。

保険が適用されない明確な理由

医療保険の使用目的は病気やケガの治療

日本国民は「国民皆保険制度」に基づき、全ての国民が公的医療保険に加入することになっています。

国民健康保険や社会保険(健康保険)が代表的なものですが、これらの医療保険に加入する人は皆、保険料を納付しています。

もし、美容施術に医療保険が適用になると、施術を受けたい希望者が増加することが考えられ、本来の医療保険の目的である、助けなければならない病気やケガの治療をするための資金が枯渇する可能性が大いに考えられます。

医療保険の正しい使い道は、病気やケガを治療し身体を回復させるためのものであることから、日常生活に支障の出ないムダ毛処理のために行われる医療レーザー脱毛には、保険が適用されません。

保険が適用される場合がある

美容外科手術に分類されるものの中には、保険が適用されるものもあります。

眼瞼下垂(埋没法)・逆さまつげなどの健康上または日常生活に支障が出ると判断された状態を改善するための手術の場合は、医療保険の使用が可能です。

したがって、美容外科で行われる全ての施術や手術が医療保険の対象外となる訳ではなく、健康的な生活を送るために支障が出る場合は、医療保険を使うことが可能とされています。

保険適用外の自由診療に起こること

医療保険などの公的医療保険制度が適用される診察・診療・手術などを「保険診療」といいます。

保険診療を受ける場合は、日本にあるどの病院で治療を受けても、その値段は同じです。

一方、医療レーザー施術を含む公的医療保険制度が適用されない「自由診療」では、値段が各クリニックによって異なります。これは、各クリニックが診療報酬を受け取らないことが理由です。

クリニックでおこなわれる自由診療の値段設定はそれぞれが決定するので、同じ場所の施術でもクリニックによって値段に差が出てきます。

各脱毛クリニックの施術料金

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックのヒゲ脱毛は、部位ごとに細かく値段設定されているのが特徴です。

部位 1回 3回 6回
ヒゲ3部位
(上口・アゴ・アゴ下)
9,800円 19,800円 29,800円
頬・もみあげセット - 19,800円 29,800円
- 17,410円 24,800円

※すべて、税込価格です。

湘南美容クリニックは、クリニックの中でもコストがリーズナブルであり、多数のお客様がご利用されている人気なクリニックのひとつです。

ゴリラクリニック

ゴリラクリニックのヒゲ脱毛には、豊富なプランが用意されています。

部位 6回コース
ヒゲ3部位
(鼻下・アゴ・アゴ下)
68,800円
+部位追加
(頬・もみあげ)
58,600円
+部位追加
(首)
45,000円

※すべて、税抜価格です。

ヒゲ全体の脱毛の1回の料金は、48,000円です。ヒゲ全体を6回コースにする場合は、ヒゲ3部位に部位の追加する必要があります。料金は上記に記載されている通りです。

メンズリゼ

メンズリゼでヒゲ全体を一気に脱毛したい場合は、「ヒゲ全体脱毛セット」をおすすめします。

部位 1回 5回コース
セレクトヒゲ脱毛
※(2部位)
18,000円 56,800円
セレクトヒゲ脱毛
※(3部位)
25,200円 74,800円
ヒゲ全体脱毛セット 36,600円 99,800円

※鼻下、アゴ、アゴ下、頬・もみあげの中からお好きな部位をお選びただだけます。

メンズリゼはプランが豊富で、費用も安く、お好みのヒゲ脱毛ができます。

札幌中央クリニック

部位 1回 6回コース
ヒゲ全体 45,000円 132,000円

※ヒゲ全体は(鼻下、アゴ、アゴ下、頬、もみあげ)となっています。
※すべて、税抜価格です。

プランはシンプルで、医療機関ということもあり、札幌では人気の店舗となっています。

その他の箇所も施術可能です。

メディエススキンクリニック

部位 1回 3回 5回
ヒゲ全体 25,000円 50,000円 75,000円

※ヒゲ全体は(鼻下、アゴ、アゴ下、頬、首)となります。
※すべて、税抜価格です。

部位別は2種類あり、ほほ1回10,000円(税抜)、3回20,000円(税抜)です。

また、鼻下・アゴ・アゴ下・首では各部位1回5,000円(税抜)、3回10,000円(税抜)です。

表参道スキンクリニック

表参道スキンクリニックのヒゲ脱毛は、シンプルなコース設定が特徴です。

部位 1回 5回
ヒゲ全体 20,000円 100,000円

※すべて、税抜価格です。

適用外でも安心な脱毛クリニック

医療クリニックで行うレーザー脱毛は、自由診療に該当するので施術費用は全て自己負担。

「施術にかかる金額が自己負担なら、レーザー脱毛の値段が相当高くなるのでは?」と心配する人も多いでしょう。

近年、脱毛クリニックで行われるレーザー脱毛の値段は、年々低くなってきている傾向にあるので、そのような心配をする必要はないでしょう。

また、支払い方法は現金以外にクレジットカード、医療ローンでの分割支払いなどさまざま方法があります。一度に全ての施術費用を払わなくても済むので、まとまった金額を用意できない場合などは、気軽にレーザー脱毛の検討がしやすい環境が整ってきています。

また、医療クリニックで行うヒゲ脱毛は、照射後のクーリング、炎症を抑える薬の塗布などのアフターケアも万全です。

レーザー脱毛は医療機関でしか行えない施術なので、火傷や肌荒れなどの肌トラブルが発生した時も、すぐに医師や看護師の適切な診断、治療、投薬を受けることができます。

話題の脱毛クリニックをご紹介

湘南美容外科クリニック

テレビCMなどでも有名な湘南美容外科クリニック。

その名を耳にしたことがあるという人も多いでしょう。特徴は、クリニックながらも低価格で施術が可能であること。

支払い方法は現金一括以外にも、分割払いが可能な各種クレジットカードと、ボーナス払いが可能な医療ローン(3~36回分割)での支払いができます。

また、医療クリニックにもかかわらず、初診料・再診料・テスト照射・薬代・カウンセリングが全て無料なので、安心して通い続けることができるでしょう。

湘南美容外科クリニックは、日本各地に63院を展開中。また、全国に5院(SMC仙台院・新宿レーザー院・西新宿男性レーザー院・福岡レーザー院・湘南メディカルクリニック大阪院)男性専門院があります。ちょっと人目が気になる時は、通いやすい男性専門院を利用しましょう。

ホームページでは、直近3日間の各クリニックの予約状況や定休日の確認が可能です。急な予定変更ですぐにヒゲ脱毛の予約を入れたい場合などに利用するとよいでしょう。

ただし、直近3日間内の予約は、電話のみの受付なので注意しましょう。

  • 湘南美容クリニック

    医療レーザー脱毛で太いヒゲにも効果を発揮「湘南美容クリニック」

    料金の目安 59,600円(税込・ヒゲ・6回)
    店舗種別 クリニック
    脱毛方法 医療レーザー脱毛
    総合評価
    ★★★★★

    湘南美容クリニックは、初診料無料、カウンセリング料無料で気軽に利用することができる、男性向け美容クリニックです。濃いひげにもしっかり対応、ヒゲの濃さは自在に調節することが可能です。 累計530,000件以上の実績で安心。スピーディーで綺麗な脱毛を実現います。選べるコースで、気になる部分だけをしっか…

ゴリラクリニック

レーザー脱毛によるヒゲ脱毛ならゴリラクリニックといっても過言ではないでしょう。

2018年12月までの脱毛の累計実績は884,433件。

この医療クリニックの1番の特徴は、「ヒゲ脱毛完了コース」があること。ヒゲ3部位(鼻下・アゴ・アゴ下)・部分追加(ほほ・もみあげ、首)の6回コースを終了すると、自動的に「ヒゲ脱毛完了コース」に移動し、料金は1回につき100円(税抜)です。有効期限は6回目の施術日から3年間。6回だけの施術では満足がいかない場合や、最後まで完璧にヒゲ脱毛を仕上げたい場合は、積極的に利用するとよいでしょう。

利用回数に制限はありませんが、1~12回までの照射間隔は8~12週、それ以降の照射間隔は12週~と決まっています。

また、ヒゲ脱毛完了コースの利用時間は平日の11~15時で設定されていますので、予約の際は注意してください。

現金以外の支払い方法は、最大60回まで可能な医療ローンとクレジットカードでの支払いができます。クレジットカードは翌月1回払いが基本です。分割払いを希望する場合は、会計後にカード会社への支払い回数変更の申し込みが必要です。

脱毛するなら脱毛クリニック

医療クリニックで行われるレーザー脱毛は、医療保険が適用されません。

自由診療に分類されるので施術の値段が高いのではないか、と悩んでいる人も多いと思います。しかし、現在各医療クリニックでは低価格でレーザー脱毛の施術を受けることが可能です。

医療保険は適用されませんが、レーザーでヒゲ脱毛をすると、自己処理の手間や時間が省ける、女性からのウケが良くなる、肌がきれいになる、コンプレックスが消えて自分に自信が持てるなど色々なメリットや心理的、環境的な変化を期待できます。

各医療クリニックによって、ヒゲ脱毛の値段はそれぞれ異なりますが、カウンセリングやお試し体験などでよく内容を吟味して、それぞれを比較検討し、自分に一番合ったクリニックを探すとよいでしょう。

関連する人気の記事