ヒゲ脱毛のリスクとは?トラブルにならないための対策まとめ

ヒゲ脱毛でのトラブル対策

ヒゲ脱毛でよくある後悔

ヒゲ脱毛をした後に感じる主な5つの後悔を見てみましょう。

ヒゲ脱毛が痛い

男性の脱毛の中でも「ヒゲ脱毛は痛い」という言葉をよく耳にする人も多いでしょう。男性のヒゲは、他の部位に比べて濃く、強くて太い毛のため脱毛施術は痛くなりがちです。

医療レーザー脱毛や光・フラッシュ脱毛、ニードル脱毛がヒゲ脱毛の主な方法ですが、脱毛方法によって痛さの度合いも異なります。

脱毛施術を受ける前にある程度の痛さは覚悟していたものの、想像以上に脱毛施術が痛かったと感じる男性も多いです。施術の痛さに耐えられず、途中でヒゲ脱毛を断念してしまうこともあります。

通う回数と費用の高さ

ヒゲ脱毛は、1回の施術では完了しません。ある程度ヒゲを薄くしたり、本数を減らしたりするには繰り返し脱毛クリニックやサロンに足を運ぶ必要があります。

ヒゲ脱毛の回数の目安は、大体5〜10回が平均です。脱毛クリニックやサロンは、ヒゲ脱毛の料金を明示していますが、だいたいが回数ごとの料金設定です。1回でヒゲ脱毛が完了するイメージで行くと、通院の回数が増えるにつれて金額が上がり、想定外の高い料金がかかってしまうことがあります。

さらにヒゲ脱毛の平均値は5~10回ですが、あくまで一般的な平均値です。当然ヒゲ脱毛が完了する通院回数は、個人差が出てしまいます。想像以上の通院が必要になり、予想外の費用になってしまって後悔するケースもあります。

仕上がりに満足できない

ヒゲ脱毛をする理由はツルツルの肌になりたい人もいれば、ヒゲをきれいに整えた状態を保ちたい、という人もいます。

ところが、実際にヒゲ脱毛施術を受けても、想像していた仕上がりが得られず後悔してしまうことも。仕上がりや効果には個人差があります。

ほかにもヒゲ脱毛の費用が払えない、または忙しくて通えないなど結局最後までヒゲ脱毛を達成できず、満足な仕上がりを得られない人もいます。

またヒゲが欲しくなる

一度ヒゲをツルツルにしても、またヒゲが欲しくなってしまい、後悔する場合もあります。

その時の気分やトレンド、または恋人やパートナーを含めた周りの人の意見などから、髭脱毛を後悔してしまうのです。

女性からの反応が良くなかった

女性の中には、ヒゲに悪い印象だけでなく「ワイルドでかっこいい」「男らしい」など良い印象を持っている人もいます。

ヒゲ脱毛をした後、パートナーや周囲のヒゲを支持する女性には「似合わない」「もったいない」と言われてしまうことも。女性からの反応が悪かったため、脱毛を後悔する人もいます。

施術前に知っておくべきこと

永久脱毛の特徴

「永久脱毛」の状態は、日本では医療機関である脱毛クリニックでの医療レーザー脱毛による施術でないと達成できません。

脱毛サロンで提供している光・フラッシュ脱毛はあくまで毛を少なくしたり、生えてくるのをおさえたりするための施術というのを覚えておきましょう。

さらに、永久脱毛は一生生えてこないというわけではなく、生えてくる可能性もあるというのを覚えておきましょう。

また、日本には永久脱毛に関しての定義がなく、日本の脱毛クリニックや脱毛サロンでの脱毛施術においては、アメリカの米国電気脱毛協会や日本の厚生労働省に相当する政府機関が作った永久脱毛の定義をあげています。

それによると「脱毛終了後の一ヶ月の時点で毛の再生率が20%以下の状態」「脱毛施術を3回行った6カ月後に67%(2/3)以上の毛が減っている状態」を永久脱毛と定義づけています。

一生毛が生えてこない状態に持っていくのは理論上難しいことになりますが、脱毛施術の回数を重ねることで、よりヒゲ脱毛の効果も大きくなっていきます。

もう一つの方法デザイン脱毛

ヒゲ脱毛はヒゲをすべて脱毛してしまう以外にも、自分の好みでヒゲを残してアレンジする「デザイン脱毛」も可能です。

周りにヒゲを支持する女性がいるなど、いずれまたヒゲを伸ばすかもしれない人は、ヒゲ脱毛をすべてしてしまう前にデザイン脱毛も検討してみましょう。

痛みの対策

ヒゲ脱毛は、体の脱毛の中でも特に痛みを感じやすい脱毛施術です。あらかじめ痛みを軽減するために覚えておきたい対策を5つご紹介します。

カフェインを取らない

カフェインは神経を敏感にするので、ヒゲ脱毛施術時の痛みを強く感じさせてしまいます。コーヒーなどカフェインを含有している食品や飲料は、ヒゲ脱毛施術前には控えるようにしましょう。

しっかり睡眠を取り、体調を整える

風邪をひいているときや体調が優れない場合は、痛みが出やすくなります。疲労やストレスをためずしっかりと睡眠を取り、体調を万全にした上でヒゲ脱毛施術を受けましょう。

保湿をしっかりする

乾燥肌になると、毛が奥に入ってしまい痛みが増してしまいます。さらに、乾燥肌は肌のバリア機能が失われている状態のため、脱毛施術のダメージも受けやすくなります。

日頃からスキンケアと保湿を欠かさず行いましょう。

日焼けしない

日焼けしている肌に医療レーザーや光・フラッシュ脱毛の光を当ててしまうと、やけどの原因になります。

また、日焼けの程度によっては脱毛施術を断られてしまう場合があり、脱毛のペースが乱れてしまう原因になります。

ヒゲをしっかり剃っておく

施術時にヒゲがあると医療レーザーや光が反応してしまうため、より痛身を感じます。ヒゲ脱毛施術前には、ヒゲをしっかり剃っておきましょう。

麻酔をする

料金が発生しますが、本当に脱毛施術の痛みが耐えきれない方は麻酔も検討しましょう。医療機関である脱毛クリニックでは、脱毛施術時に麻酔を用意しているところも多くあります。

トラブル対応や保証の確認

脱毛施術によるトラブルが起きた場合は、医療機関で施術した場合はそのクリニックで対応可能です。

一方で脱毛サロンで脱毛施術を受けてトラブルが起きた場合は、サロンで対応ができるトラブルとできないトラブルがあり、医療機関へ案内されることがあります。脱毛クリニック、脱毛サロンともにどちらも安全な脱毛施術を行うための取り組みを行っています。

それでも、万が一のトラブルが発生してしまったときに対応が早いのは、医療機関である脱毛クリニックです。

また、各クリニック・サロンが対応可能なトラブルや保証を確認した上で、クリニックやサロンを決めましょう。

コースやプラン・費用の確認

すでに脱毛を経験している男性の中でも、特に「後悔した」という言葉が多くなっているのが、コースやプラン、費用面です。

脱毛クリニックと脱毛サロンは、それぞれ脱毛のコースやプランを設定しています。値段が安い施術コースもありますが、値段だけを重視してコースや利用するクリニック、サロンを決めてしまうのはおすすめできません。

毛の濃さや生え方には個人差がありますので、想像以上の費用がかかってしまう可能性もあります。個人差による仕上がりや費用の後悔をなくすためにも、個人差を考慮してしっかり相談やカウンセリングをした上で、利用するコースやプランを決めましょう。

ヒゲ脱毛の副作用

毛嚢炎

毛嚢炎とは、白いニキビのような白色のブツブツができる症状です。

脱毛の施術中に毛穴が傷つき、細菌が入り炎症を起こすことで発生します。脱毛施術だけでなく、自己処理で毛穴を傷つけたときなどにも発生します。

泥棒ヒゲ

一時的に、漫画などに出てくる泥棒のようにヒゲが濃く見える症状です。皮膚に残った毛が熱で膨張し、透けて見えることで濃く見えます。

泥棒ヒゲの症状自体肌への悪影響はありませんが、濃さが目立つからと気にして抜いてしまうと、毛穴が傷つき炎症が起きてしまいます。なお、泥棒ヒゲは一定の期間が経つと自然と消えます。

肌荒れ

脱毛施術後の肌は水分が奪われていたり、毛穴が開いたりします。そのため、本来持っているはずのバリア機能が一時的に弱まってしまっています。肌荒れやニキビなどができやすい状態のため脱毛施術後に、しっかりと保湿し、肌を守ってあげましょう。

火傷

レーザーや光、電気の出力が高すぎた場合に火傷が起きることがあります。

体毛の濃さや肌の状況を見極めもらい、適切な出量で脱毛施術を行ってもらいましょう。なお保湿やスキンケアを事前にすれば火傷リスクも軽減できます。

硬毛化

脱毛を行っている箇所のムダ毛の全体的な本数自体は減っている一方で、残った1本1本の毛が硬く太くなってしまう現象が、硬毛化です。

硬毛化の原因は今のところ分かっていませんが、特に細かい毛に起きやすい症状です。自分の肌や毛質に合った脱毛機器を使用するなど、最適な脱毛施術を受けるのが重要です。

ヒゲ脱毛のメリット・デメリット

ヒゲ脱毛のメリット

なぜ自分がヒゲ脱毛をしたいか理解するためにも、メリットを頭に入れておきましょう。

ヒゲ剃りから解放される

伸ばしっぱなしのヒゲは不潔な印象も与えてしまうため、毎日ヒゲ剃りをするのは身だしなみとして当たり前です。ヒゲ脱毛をすると、毎日のヒゲ剃りの手間からも解放されます。

時間に余裕ができる

毎朝限りある時間の中でヒゲ剃りをしている男性が多いです。ヒゲ脱毛をすれば、毎朝ヒゲ剃りの必要もないため、出勤前にも時間の余裕が生まれます。

自己処理の後にある肌荒れなどがない

ヒゲの自己処理は肌へのダメージも与えるため、肌荒れやニキビ、ケガをしてしまうこともあります。ヒゲ脱毛を行えば、自己処理の必要がなくなるので、肌荒れやけがのリスクを回避できます。

節約になる

ヒゲ脱毛をすることで、結局自己処理に使っていたカミソリなどの用具の節約になります。さらに、自己処理の手間も省けるため、費用だけでなく時間も節約できるようになるでしょう。

清潔感があり自信が出る

ヒゲ脱毛をすることで、全体的な印象も清潔感が出るようになります。初対面の人と接するときも清潔感と好印象を与えられるため、自分の自信にもつながります。

ヒゲ脱毛のデメリット

ヒゲ脱毛を行うことでデメリットもあります。デメリットを防げる対処法と一緒に紹介します。

乾燥肌になりやすい

脱毛施術を受けた後は、肌のバリア機能が普段よりも失われています。肌荒れも起きやすいため、脱毛施術を受けた後は、しっかりと保湿を行うのが重要です。

日焼けができない

日焼けをしている肌に医療レーザーや光・フラッシュ脱毛は、メラニン色素に反応することで脱毛を行います。

日焼けをしている肌に照射すると火傷の原因になるので、脱毛施術を受けている最中は日焼けができません。日焼けをしないようにしましょう。

毛が生えてこなくなる

ヒゲ脱毛をした後は、毛が生えてこずツルツルの状態になります。もしも「やっぱりヒゲが欲しい」と考えたときには、後悔してしまう場合があります。

自分の意志をはっきりさせた上でヒゲ脱毛を行いましょう。

ヒゲ脱毛を行う施術方法

医療レーザー脱毛

脱毛クリニックで行っているのが医療レーザーです。厚生労働省で医療機器として認可された機器を使い、医師や研修を受けた医療従事者が脱毛施術を行います。

レーザーの出力が強いため、短い時間や期間での脱毛施術が可能です。濃くて太い毛で脱毛しにくい人や、永久的な脱毛を希望している人にも向いています。

一方で保険適応外の自由診療になるので費用が高くなりがち、痛みが強いデメリットがあります。

光・フラッシュ脱毛

脱毛サロンで提供しているのが光・フラッシュ脱毛です。

医療レーザーと同じ原理での脱毛を行いますが、エステティシャンでも安全に取り扱えるように、光の出力威力は医療レーザーよりも劣ります。

広範囲を一度に照射できる他、痛みも少なく、費用面も脱毛クリニックよりも低くなるメリットがあります。一方で通う回数や期間が多くなってしまう、永久的な脱毛はできないというデメリットがあります。

ニードル脱毛

毛穴の中に直接針を差し込み、電流を流すことで毛母細胞を破壊して脱毛を行う方法です。

脱毛サロンでも提供している方法、かつ効果が高いため永久的な脱毛も実現できます。さらに、1本1本ずつに施術を行うため、細かくヒゲのデザインを整えたいときにも向いています。

デメリットは脱毛施術の中で特に痛みが強い、費用が高め、広範囲の脱毛には向いていないことです。

脱毛方法だけではなくサロン・クリニック選びも重要

1.サロンとクリニックどっちにするか?

脱毛サロンは費用が安い、痛みが少ない、全国展開しているところも多いので通いやすい、初回お試しもあるので気軽に始めやすいといったメリットがあります。

一方で脱毛クリニックはレーザーの出力が強いため、通院回数や期間を少なくできる、永久的な脱毛も可能、衛生面や安全面でも安心感が高い、というメリットがあります。

自分がヒゲ脱毛に対してどの部分を重視したいかによって、脱毛サロンと脱毛クリニック、どちらで脱毛施術を受けるかを選びましょう。

2.スタッフの技術と経験

脱毛クリニックや脱毛サロンでは、実際に施術を行う医師やエステティシャンの技術力によって脱毛の仕上がりも異なってきます。

充実した研修や教育を行っているなど、多くの男性脱毛実績があるなど、技術と経験が豊富で納得できる脱毛クリニックや脱毛サロンを選ぶと、満足の仕上がりが得やすいです。

3.安いだけではダメ!価格では選ばない

脱毛クリニックと脱毛サロンで、実際に脱毛を始める前に気になるのが費用です。けれども、提示されている価格のみで決めてしまうと、思ったよりも通院回数がかさんでしまい、イメージ通りの費用にならない場合があります。

値段だけで選ぶのではなく、自分がどのくらいの回数や期間で脱毛完了できるか脱毛完了した後の保証はあるのかなどのポイントでも、コースやプランを決めるようにしましょう。

4.居心地の良さと、通いやすさ

脱毛施術は、1回で脱毛完了にはなりません。個人のヒゲの生え方や求める仕上がりに応じて、数回通う必要があります。

一度決めた脱毛クリニックや脱毛サロンに継続して通うことになるので、通いやすさもサロンやクリニックを選ぶポイントになります。自宅や勤務先の近くにある、営業時間が長い、予約が取りやすい、全国展開しているなどの通いやすさでも選びましょう。

また、実際に脱毛施術を受けているときの安心感も、脱毛の上では重視すべきポイントです。

脱毛クリニックやサロンの衛生管理の取り組みや万が一のトラブルに対しての保証、個室や男性専用など、居心地の良い中で施術が受けられるかもチェックしましょう。

5.カウンセリングの質

脱毛クリニックやサロンは、必ず施術前にカウンセリングを行っているところを選びましょう。

カウンセリングは自分の肌質や毛の生え方に合った施術を提案してくれるだけでなく、費用や通う回数、脱毛の仕上がりなど不安に思う要素も気軽に質問できます。カウンセリングではどんなことができるのか、不安も解消できるのかも脱毛クリニックやサロンを選ぶポイントになります。

無料でカウンセリングを実施しているところも多いので、カウンセリングをまずは受けてみて、対応や技術の質を見極めるのもおすすめです。

まとめ

ヒゲ脱毛で後悔をしないためには、事前に費用やコース、通いやすさなどをしっかり調べて準備をすることが重要です。

さらに、ヒゲ脱毛をするにしても、「本当にヒゲがなくなって後悔しないのか」など、自分の意志をしっかりと決めるのも同じく大切と言えるでしょう。

脱毛クリニックやサロン選びも含めて、自分の気持ちもしっかりと選択、決断することで失敗を回避し、後悔のないヒゲ脱毛ができます。

関連する人気の記事