ヒゲ脱毛の脱毛方法3パターン!各脱毛方法の特徴を徹底分析

ヒゲ脱毛の脱毛方法3種類を徹底解説

顔の印象だけでなく、清潔感やかっこよさなど、人の雰囲気や印象をよくする上でもヒゲを整えるのは効果的です。

男性のヒゲを脱毛してツルツルの肌になる、または好みのデザインのヒゲに整える方法として「ヒゲ脱毛」が注目されています。

ヒゲ脱毛の方法は、「医療レーザー」「フラッシュ」「ニードル」脱毛の3つがあります。

それぞれで施術が受けられる場所や特徴、メリットやデメリットも異なっていますので、ヒゲ脱毛に求めるニーズによって適切な方法は異なってくるでしょう。

ここでは、ヒゲ脱毛の3つの方法について特徴を徹底解説します。これからヒゲ脱毛を検討している人で、自分に適しているヒゲ脱毛方法を見つけるのに、ぜひ役立ててください。

各ヒゲ脱毛方法の特徴

医療レーザーの特徴

医療レーザー脱毛は、その名の通り医師や看護師などの医療従事者が行う脱毛で、医療行為に当たります。医療行為のため、皮膚科や美容外科などの名称がついている、「脱毛クリニック」でしか受けられません。

威力の高い医療レーザーを皮膚や毛根のメラニン色素にあてて、ムダ毛の元にある毛根そのものを破壊し、脱毛を行います。毛根を破壊させることで新しく毛根をつくる動きをストップさせ、毛が段々と薄くなります。徐々に毛そのものが生えなくなってくる仕組みですので、永久脱毛も可能です。

毛の黒さの元になっているメラニン色素にレーザーをあてて脱毛を行う方法ですので、原理は脱毛サロンで行っている光・フラッシュ脱毛と同じものです。

ただし、医療レーザーによる脱毛のほうが、光・フラッシュ脱毛と違って機械の出力が強いため威力があります。

医療レーザーのメリット

医療レーザー施術を行っている脱毛クリニックのメリットを見てみましょう。

皮膚の状態が判断できる 医療レーザー脱毛の施術を行うのは医師です。
プロの視点から皮膚の状態をしっかり判断することが可能です。
1回の施術が短い 1回の施術時間が短く、準備などを入れて15分程度で施術完了。
時間を有効活用した通院も可能。
美肌効果が期待できる 脱毛をすることで、肌に負担をかけず処理することができます。
肌荒れやニキビ、黒ずみなどお肌のトラブルの効果解消もできます。
トラブル対応が早い 医療レーザーを受ける脱毛クリニックは医療機関です。
万が一のトラブルが発生しても適切な対応が受けられます。
脱毛完了までの回数が少ない 医療レーザーは威力が強い機械です。
脱毛しにくいヒゲでもキレイに処理ができます。
ただし、回数に関しては個人差があります。
一度に広範囲の施術が可能 広範囲を一度に照射して効率的よくヒゲ脱毛ができます。
ヒゲをデザインしていきたい場合は、部分で照射することも可能です。
衛生管理が整っている 医療機関は病院です。
衛生環境が整った清潔な環境で脱毛が受けれます。

医療レーザーのデメリット

医療レーザー施術を行っている脱毛クリニックのデメリットを6つ見てみましょう。

白髪や薄い毛には効果がない 毛の黒さのもとになっているメラニン色素に反応します。
黒い部分に反応するため、白髪や薄い毛には効果がありません。
日焼けをしていると施術ができない メラニン色素に反応します。
肌が黒いとそれに反応し、火傷をしてしまいます。
施術できるかをしっかり判断してもらいましょう。
シミやホクロは火傷の危険性 メラニン色素に反応するため、照射すると火傷の可能性があります。
施術は保険適応外 病院で受けるのは治療のため健康保険の適応内となります。
脱毛行為は自由診察のため保険が適応外となっております。
そのため、費用がかかる傾向があります。
肌に負担がかかる 医療レーザーは出力が高いため、その分脱毛の効果も得られます。
ただし、レーザーの照射は強力のため肌への負担がかかります。
痛みが強い 医療レーザーは、脱毛時は痛みが強いです。
必要に応じて麻酔を導入している脱毛クリニックもあります。

光・フラッシュ脱毛の特徴

光・フラッシュ脱毛は、脱毛サロンで提供している医療レーザーと同じく皮膚や毛根のメラニン色素にレーザーをあてて、毛根を破壊し脱毛する方法です。ただし、光・フラッシュ脱毛は出力がレーザーより弱く抑えられている特徴があります。医療の資格がなくても使用可能なため、脱毛サロンのエステティシャンでも安全に使用できます。

光・フラッシュ脱毛のメリット

光・フラッシュ脱毛施術を行っている脱毛サロンのメリットを5つ見てみましょう。

1回の施術が短い 脱毛する箇所にもよりますが、1回当たり5〜10分の施術時間です。
施術時間が短いことで時間を有効を活用することが可能になります。
美肌効果が期待できる ヒゲ剃りは肌に負担を与えます。
脱毛をすることで、毎日処理をしなくてもよくなります。
肌の炎症や肌荒れの解消にもつながり、美肌効果が期待できます。
痛みの軽減が可能 光・フラッシュ脱毛は医療レーザー脱毛より出力が弱い。
機能性は変わりませんが、出力が弱いため痛みが軽減できます。
費用が安い 医療レーザー脱毛と比較すると費用が安い傾向にあります。
脱毛サロンは独自のキャンペーンを行っているとこも多い。
費用を抑えて脱毛の施術を受けたい方はおすすめです。
店舗数が多い クリニックに比べてチェーン展開をしているところが多いです。
全国的に展開しているとこも多いため、通いやすいのがメリットです。

光・フラッシュ脱毛のデメリット

光・フラッシュ脱毛施術を行っている脱毛サロンのデメリットを5つ見てみましょう。

永久脱毛ではない 医療レーザー脱毛よりは出力は弱くなっています。
新しい毛が生えてくるスピードを遅くする効果は期待できます。
しかし、永久脱毛とはいえません。
あくまでも減毛・抑毛のための施術と覚えておきましょう。
脱毛完了までに時間がかかる 出力が弱いので、脱毛完了までにかかる時間は長くなります。
医療レーザーは約6回で脱毛が完了します。
光・フラッシュ脱毛の場合は約20回の施術が必要です。
産毛には効果が薄い 黒さの元になる、メラニン色素に反応します。
産毛や薄い毛には反応しにくく、効果が薄いです。
シミやホクロには照射できない 黒さの元になるメラニン色素に反応します。
黒い箇所に当ててしまうと反応し、火傷の可能性があります。
脱毛後には日焼けができない 脱毛後の肌はダメージをうけている状態です。
日焼けをすると、さらに肌をダメージを与えてしまいます。
脱毛後は日焼けはNGですので、注意しましょう。

 

ニードル脱毛の特徴

ニードル脱毛は、別名針脱毛ともいわれている脱毛方法です。

針をムダ毛の生えている毛穴に通して、毛根に到達した段階で毛が生えている組織を電流で焼き、ムダ毛を処理する方法です。

施術時はかなりの痛みが伴いますが、脱毛方法の中でも一番効果があるといわれています。

日焼けをしていても施術が可能 ニードル脱毛は、毛の生えている毛穴に直接針を入れます。
メラニン色素に反応する脱毛とは異なります。
日焼けをしている箇所でも脱毛が可能です。
その場で完全脱毛が可能 ニードル脱毛は、毛の生えている毛穴に直接針を入れます。
針を挿入し、毛根細胞そのものを破壊します。
そのため、1回の施術で完全脱毛が可能です。

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛のデメリットは4つあります。

脱毛料金が非常に高い ニードル脱毛は脱毛方法の中で一番古い方法です。
毛穴一本一本への施術が必要なため時間がかかります。
通う回数を含めると、脱毛料金が全体的に高くなる傾向があります。
脱毛時の痛みが強い ニードル脱毛は毛根細胞そのものを破壊するため非常に脱毛効果が高いです。
その分だけ激痛で、施術時の痛みも3つの手術方法の中で一番強くなっています。
広範囲の脱毛には向いていない 毛穴ひとつひとつひとつに施術をおこないます。
範囲を一度に照射して脱毛はできません。
よって、広い範囲の脱毛には非常に時間がかかり、効率が悪くなってしまいます。
毛が生えている部分にしかできない 毛穴に針を刺して毛根細胞を破壊します。
よって、毛穴がないと施術ができませんので、毛が生えてる部分にしかできません。
すでにカミソリなどで剃った後や毛抜きなどで抜いた後への施術はできません。

ヒゲ脱毛するには毛周期のタイミングが重要

毛周期とは

人間の毛には毛周期という生え変わり順序があります。毛はそれぞれ成長期退行期休止期のサイクルで生え変わっています。

成長期は体毛の元になる毛乳頭へ血液や栄養素が送られて、細胞分裂が繰り返さます。実際に皮膚の表面に毛が生えてくる時期です。

退行期は毛乳頭へ血液や栄養素が送られるのが止まり、毛が抜け落ちる時期です。

休止期は、退行期の後しばらく体の中で毛の元になる細胞が活動を止める時期です。

医療レーザーや光・フラッシュ脱毛の照射は、成長期で表面に出ている毛にのみ反応して脱毛を行います。

よって、毛周期の中でも成長期のときが、脱毛を行うベストなタイミングといわれています。

つまり、ひとりひとりに合った毛周期と成長期のタイミングに合わせて通院や来店するのが、効果が高く効率的なヒゲ脱毛につながります。

脱毛方法で痛い順番

実際にヒゲ脱毛を行う上で、気になるのが痛みです。3つの脱毛方法の中で痛みが強い順番に並べると以下の通りになります。

1位 ニードル脱毛 2位 医療レーザー 3位 光・フラッシュ脱毛

毛穴に直接針を刺し、電流で焼いて組織を破壊するニードル脱毛は強い痛みを伴います。

また、メラニン色素に反応するレーザーや光の威力に痛みは比例します。よって、威力の高い医療レーザーのほうが、光・フラッシュ脱毛よりも痛みが強いのです。

各種類の脱毛方法の費用を比較

次に、ヒゲ脱毛にかかる一般的な費用を比較してみましょう。

1回 3回〜 6回〜
医療レーザー脱毛
湘南美容クリニック
9,800円 19,800円 29,800円
光・フラッシュ脱毛
RINX
4,200円 16,800円 28,000円
ニードル脱毛
Men’s TBC
ヒゲ800本で103,600円

※鼻下脱毛にかかる費用
※価格はすべて税込
※キャンペーンなどの割引価格は除く

ヒゲ脱毛にかかる費用の高さをまとめると以下の通りです。

1位 ニードル脱毛 2位 医療レーザー脱毛 3位 光・フラッシュ脱毛

    ヒゲ脱毛方法を選ぶコツ

    脱毛サロンと脱毛クリニックによって、提供している脱毛方法が異なりますので、初めてヒゲ脱毛を検討している人は、どちらを選んでよいか分からない人も多いです。

    コストや通う期間など、理想のヒゲ脱毛で重視したいポイントは個人によって異なります。よって、最終的にどこで脱毛するかを決めるのは自分自身です。

    例えば、脱毛クリニックである「湘南美容クリニック」は医療レーザーの定番機器「アレキサンドライト」のほか、従来の10倍スピードでの脱毛が可能になった「ウルトラ美肌脱毛」、産毛もしっかり処理できて痛みも最小限にできる「メディオスター」を取り入れています。

    一方で脱毛サロンの「RINX」は純国産脱毛器メーカーと提携し、男性専門の効果の高いオリジナル脱毛器を導入しています。

    脱毛クリニックや脱毛サロンによって独自の機器を取り入れ、デメリットをカバーしているところも多いです。

    けれども、脱毛クリニックは初回の費用が少し高めのため、ヒゲ脱毛が初めての方は費用面で不安を感じるかもしれません。

    そんな方のために、脱毛サロンはトライアル料金があり、低価格でお試しをすることが可能です。

    実際にヒゲ脱毛を始める前に、ヒゲ脱毛がどういったものかを気軽に、あらかじめ体験しています。

    さらに、脱毛サロンは初回○%オフなどのキャンペーンも豊富に展開しているので、初めてのヒゲ脱毛を気軽に始めてみたい人は、脱毛サロンを選ぶと、より理想的なヒゲ脱毛につながります。

    • 湘南美容クリニック

      医療レーザー脱毛で太いヒゲにも効果を発揮「湘南美容クリニック」

      料金の目安 59,600円(税込・ヒゲ・6回)
      店舗種別 クリニック
      脱毛方法 医療レーザー脱毛
      総合評価
      ★★★★★

      湘南美容クリニックは、初診料無料、カウンセリング料無料で気軽に利用することができる、男性向け美容クリニックです。濃いひげにもしっかり対応、ヒゲの濃さは自在に調節することが可能です。 累計530,000件以上の実績で安心。スピーディーで綺麗な脱毛を実現います。選べるコースで、気になる部分だけをしっか…

    • RINX

      オリジナルの専用脱毛機でひとりひとりに合わせた最適な脱毛を「RINX」

      料金の目安 25,200円(税込・ヒゲ・1回)
      店舗種別 脱毛サロン
      脱毛方法 光・フラッシュ脱毛
      総合評価
      ★★★★★

      RINXは、痛みが少ない快適な脱毛と、肌への負担を抑える安全性の高さで、安心して施術を受けることができるメンズ脱毛専門店です。 純国産脱毛機メーカーと共同開発した、男性専用のオリジナル脱毛機を使用。ひとりひとりの毛質や肌質に合わせたパーソナル設定によって、効果的な脱毛を実現しています。毛質は12段…

    関連する人気の記事