各脱毛クリニックのヒゲ脱毛費用を徹底的に比較してみました

脱毛クリニックを徹底分析

脱毛クリニックの特徴

脱毛クリニックは、医師や看護師など医療従事者が脱毛施術を提供しているため、大きな安心感を持って脱毛施術が受けられます。脱毛クリニックの2つの特徴を見て見ましょう。

医療レーザーによる脱毛施術を提供

脱毛クリニックで脱毛施術に使っている機器が、医療レーザー脱毛器です。

医療レーザー脱毛器は医療用機器として厚生労働省より許可を受けたもので、医療行為として用いられます。医療用として認可を受けた医療レーザーの波長出力はとても高く、適切な取り扱いが求められます。

そのため、医師または医療従事者で定められた免許を取得した者が、患者一人ひとりに合わせた適切な脱毛施術を行っています。

医療機関のため安心感が高い

脱毛施術は、毛穴の中にある組織を破壊して行う施術のため、少なからずお肌へのリスクがあります。人によっては、脱毛施術に使っている機器の光やレーザーが体に合わないこともあるでしょう。

その場合でも、脱毛クリニックは医療機関のため、即座に処置が可能です。脱毛クリニックは皮膚科がやっていることも多く、皮膚の専門家でもあります。専門的、医療的な観点で安心できる脱毛施術が受けられるのも特徴です。

万が一トラブルが起きても、ただちに治療が受けられます。ほかの医療機関の提携も多いので、施術前後で何らかの異常があった場合にも、提携先への紹介を受けて、適切な処置が受けられるところも多いです。

医療レーザーの仕組みと効果

脱毛クリニックで用いられている医療レーザーは、波長出力の高いレーザーを使った脱毛施術が可能です。

毛母細胞と毛乳頭という毛を作る細胞を破壊、またはダメージを与えます。毛ができる組織や仕組みそのものを壊せる威力があるので、半永久的な脱毛効果が期待できるでしょう。

医療レーザー脱毛の仕組みは、まず毛母細胞や毛乳頭に黒い色に反応するレーザーを当てます。するとメラニン色素が反応し、医療レーザーを吸収します。吸収されたエネルギーは熱へと変換され、毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えて、脱毛効果を得られます。

メラニン色素に反応する医療レーザー脱毛は、当然表面に毛が出ていないと、反応せず脱毛ができません。

さらに、毛が毛母細胞や毛乳頭とまだつながっている状態であってこそ、毛母細胞と毛乳頭そのものを破壊できます。この毛母細胞や毛乳頭にダメージが与えられるのは、毛周期の中でも成長期のときだけです。

人間の体毛には生え変わりの周期である毛周期があり、成長期、退行期、休止期の3段階があります。

成長期とは毛の元である毛母細胞や毛乳頭の活動が活発で、皮膚の下にある毛が一定の長さまで伸びて皮膚の表面に出てきます。

退行期は毛母細胞や毛乳頭が活動を止めて、栄養素が送られなくなった毛が自然と抜け落ちるまでの期間を指します。

休止期は次の成長期を迎えるまでのタイミングです。この中で、医療レーザーの光に反応する、黒い点として毛が出てくるのが成長期なのです。

毛周期の中でも、成長期に脱毛施術を受けるのがベストなタイミングであり、逆に成長期以外の毛周期に脱毛施術を行っても十分な効果が得られません。

よって、医療レーザー脱毛での脱毛処理は自分の毛周期に合わせて何度か行う必要があります。毛周期に合わせれば効率よく脱毛を進められます。

医療レーザーの脱毛機器は4種類

医療レーザーの種類とは

医療レーザーは4つの種類があり、それぞれ特徴や使い方も異なります。

レーザー名 メディオスター アレキサンドライトレーザー ダイオートレーザー ヤグレーザー
脱毛機器の写真
脱毛機器の名称 メディオスターNeXT Pro ジェントルレーズ ライトシャントデザイア ジャントルヤグ
波長 810nm/940mm 755nm 810nm 1064mm
医療レーザーの特徴 日焼け肌もOK シミやホクロも除去 産毛も脱毛 日焼けの肌もOK
破壊する箇所 バルジ 毛母細胞・毛乳頭 毛母細胞・毛乳頭 毛母細胞・毛乳頭
脱毛効果 ゆっくりと薄くなる
効果は感じにくい
効果は高い 効果は高い 効果はやや高い
導入期間 2016年 1997年 1997年 1999年

メディオスター

従来のメラニン色素に反応する医療レーザーとは異なる蓄熱式脱毛ができる機器が、2016年に誕生したばかりの新しい脱毛機器である「メディオスター」です。

メディオスターは毛母細胞や毛乳頭より浅い位置にあるバルジ領域にダメージを与えて、脱毛を行います。

近年の育毛研究では、毛が生える元は毛母細胞や毛乳頭ではなく、より浅い場所のバルジ領域にあるという理論が出ました。この理論に従い、レーザーではなく熱を加えて、バルジ領域にダメージを与えて脱毛を行います。

メラニン色素に働きかける脱毛機器ではないため、日焼けやシミなどの黒い肌や箇所、かつ成長期でなくても脱毛効果が得られます。一方で、導入しているクリニックがまだ少ない、医療レーザーよりも効果は感じにくい、痛みが強いといったデメリットもあります。

アレキサンドライトレーザー

「アレキサンドライトレーザー」は定番の機器ながら、経口サイズが従来よりも大きくレーザーの乱反射を防ぐ構造になっています。これにより、光エネルギーのロスを防いでより効率の良い脱毛レーザーを実現させました。

経口が大きいため脱毛施術のほか、シミやホクロなどのメラニン色素による疾患の除去も可能。メラニン色素にだけ効率的に働くため、肌へのダメージも少なくて済むメリットもあります。多くの脱毛クリニックで導入されています。

ダイオードレーザー

最新鋭の技術が取り入れられた「ダイオードレーザー」はレーザーの光の波長を微調整できるため、個人の毛の生え方や肌の状態にあったレーザーを照射できます。より精密なレーザー照射ができるようになり、今まで医療レーザーの効果が薄いといわれていた薄毛や産毛の脱毛も可能です。

また、機器によっては冷却機能や吸引機能などの痛みを軽減する機能が備わっているため、従来の医療レーザーよりも痛みも軽減されています。

ヤグレーザー

「ヤグレーザー」は、波長が長く肌の奥底まで届くレーザーを出せるのが特徴です。

根が深い硬い毛や剛毛と呼ばれる体質の人のムダ毛も効率よく脱毛できる特徴があります。広範囲ではなく、メラニン色素にピンポイントで反応するため、色素沈着を起こしやすい柔らかい皮膚の部分にも安心して使えます。

また、毛根にだけ反応するため日焼けした肌にも使用できます。デメリットはほかの医療レーザー脱毛機器よりも痛みを感じやすいことです。

脱毛クリニックでヒゲ脱毛!メリットとデメリット

脱毛クリニックのメリット

脱毛クリニックを利用すると得られる、7つのメリットを見てみましょう。

効果が高い

医療レーザー脱毛の最大のメリットが、脱毛効果が高いことです。エステや脱毛サロンなどで受ける光・フラッシュ脱毛よりも、脱毛の効果を早く感じ、永久的な脱毛効果も期待できます。

医療機関だから安心

脱毛クリニックはもちろん、脱毛サロンを含めて脱毛施術を提供しているところでは、安全な脱毛施術を受けられるように配慮をしています。

肌に機器のレーザーや光を照らしても問題ないかのパッチテストや、日焼け時には施術を断るなど、施術中の火傷やケガなどには細心の注意をはらって施術を行います。普段の安全面に対する取り組みに加えて、脱毛クリニックは万が一の場合でも適切かつスピーディな処置が受けられます。

脱毛クリニックは、脱毛専門であっても医師による施術を行う医療機関です。そのため、万が一火傷などのトラブルが発生したときには、治療のための適切な処置に加えて、薬の処方もできます。

また、ほかの医療機関と提携していて、万が一のトラブルのときは紹介を受けて、より適切な治療や処置を受けられる体制を整えている脱毛クリニックも多くなっています。

直接肌に当てる脱毛施術だからこそ、安全面で万全の取り組みを行っているところで受けたい人にも向いています。

美肌効果

脱毛クリニックで提供している医療レーザー脱毛は、脱毛効果以外にも色々な効果が得られる機器もたくさんあります。

厚生労働省に認可されている威力の高い医療用機器だからこそのメリットを生かし、美肌効果も同時に得られる機器があるのもメリットのひとつ。黒ずみやシミなどメラニン色素による症状の解消など、美肌効果も期待できるのも嬉しいポイントです。

施術時間が短い

医療レーザー脱毛機器から出力するレーザーは効果が高いため、1回の脱毛施術も時間が短くなるメリットがあります。1回あたりの時間が短いと、仕事や学校帰りにも気軽に通えるため、毎日忙しい男性でも効率よく脱毛を継続して進められます。

さらに、1回あたりの時間は短くなるだけでなく、脱毛効果自体も高くなっています。一度あたりの脱毛施術で受けられる効果が高いため、脱毛サロンよりも少ない通院回数で脱毛が完了します。

頻繁に通う手間が省けるだけでなく、できるだけ短い期間で脱毛を終わらせたい人にもおすすめです。

医師の施術が受けられる

脱毛クリニックは医療機関です。元々皮膚科医である医師からの脱毛施術を行っているクリニックもたくさんあります。

専門的な医療に観点からの脱毛施術が受けられるため、安全面と効果面でも納得した脱毛施術が受けられます。

衛生管理が良い

エステサロンや脱毛サロンでも衛生管理を徹底しているところは多いですが、元々医療機関である脱毛クリニックの方が、施設や脱毛を受ける環境の衛生管理には力を入れていることが多いです。

脱毛に使う機器や器具の消毒に関しても、医療機関なので気持ちの面でもより安心できます。万が一の感染症が気になる人や、できるだけ万全の環境で安心した脱毛施術を受けたい人にもおすすめです。

完璧に近い脱毛が可能

医療レーザー機器での脱毛施術は、レーザーの出力がとても強いです。

専門的な取り扱い方法が必要であるのに加えて、医療機器のため基本的に医師しか脱毛施術ができません。脱毛施術時はもちろん、常に皮膚の状態が正常であるかどうかも診てもらうことができるので、皮膚トラブルの防止や早期発見にもつながります。

脱毛クリニックのデメリット

脱毛クリニックを利用する5つのデメリットを見てみましょう。

料金が高い

脱毛クリニックの医療レーザー脱毛は、保険適応外の自由診療です。エステサロンや脱毛サロンに比べて料金が高くなる傾向にあります。

また、通う脱毛クリニックによっても、脱毛で設定している料金が異なるのでよく比較してからどのクリニックに通うかを選ぶのが重要です。

クリニックを探すのが大変

脱毛クリニックは医療機関のため、脱毛サロンよりも全国展開をしているところが少ないです。

都心部では自宅の近くに医療レーザー脱毛を行っているクリニックが見つかるでしょう。ところが、地方になると脱毛クリニックそのものが少なく選択肢が狭まります。

火傷などの危険性

医療レーザー脱毛は強い光を照射するので、シミやアザ、ホクロなどの照射はやけどの可能性があります。

お肌へのダメージ

医療レーザーは威力の強さから、肌に負担がかかる可能性があります。自分のお肌が弱いと感じている人や敏感肌の人は施術を受ける前に医師へ相談しましょう。

施術への痛み

医療レーザーは威力が強い分、光・フラッシュ脱毛よりも施術時の痛みが強くなっています。

一般的にはゴムで叩かれた程度の痛さといわれていますが、脱毛をする部位によっては我慢できないこともあります。

特にヒゲは施術時の痛みを感じやすい部位ではありますが、医療機関でもあるため痛みに耐えきれない方は麻酔などで対応することも可能です。

脱毛クリニックのヒゲ脱毛は永久脱毛ではない

永久脱毛の定義とは

脱毛クリニックで行う医療レーザー脱毛は効果を高く発揮するのですが、永久脱毛効果が得られるとは断言できません。まずは永久脱毛とはどんな脱毛の状態であるか、定義を理解しておきましょう。

初めて永久脱毛を定義したのは、アメリカの脱毛協会です。「脱毛完了から1ヶ月間の毛の再生率が20%以下」の状態を永久脱毛と定義しています。

現在ではアメリカのFDA(食品医療品局)が定義した「3回照射し6か月後、毛が67%減毛している」が永久脱毛の定義として用いられています。

日本に永久脱毛の定義がない

日本の脱毛クリニックで用いている医療レーザー脱毛機を開発するときも、永久脱毛の定義基準を参照しています。

ところが、日本に永久脱毛の明確な定義はありません。よって、あくまでアメリカの永久脱毛の定義に剃っているため「永久脱毛ができる」という断言ができません。

医療レーザー脱毛は、色素メラニンに反応して脱毛を行います。レーザーが反応しにくい産毛や細かい毛、そして薄い毛には不向きですので、これらの施術を希望するならあらかじめ看護師やカウンセラーなどに相談してみると良いでしょう。

ヒゲ脱毛で複数の人気のクリニックの費用相場

医療レーザー脱毛の費用を人気クリニックで調べてみると、ヒゲ全体は1回あたり2万円~4万8,000円ほど、部位ごとに1回~6回のコースで4,000円~7万8,000円ほどになっています。

全体的なヒゲ脱毛は5~6回設定、7万5,000円~17万円ほどが多いです。

脱毛クリニックに通う回数と期間

回数

早ければ、5〜7回で脱毛が完了します。10回通うと脱毛前より半分の薄さになり、処理が全く必要なくなるまでは10〜18回の通院が必要です。

通う回数は個人差があり、この回数通りに行かないこともあるので施術を受ける前に回数について相談を行いましょう。

期間

通う期間も回数と同様で個人差はありますが、目安は半年〜1年半になります。

10回ほどの施術でも目立たなくなるのですが、永久脱毛に近い状態までにもっていくには、2年半以上は期間がかかると覚えておきましょう。

脱毛クリニックって予約はすぐ取れるの?

脱毛クリニックは予約が取りにくいイメージも持たれています。急な予約は難しいながらも、どのクリニックも事前予約を取っておけば問題ありません。人気店であれば、施術日に次の予約を取ってから帰るのが良いでしょう。

脱毛クリニックの予約をスムーズに取るコツは、平日の午前中ならほぼ確実に取れる、できる限り早く取る、別の地域のクリニックに予約をすることの3つです。

脱毛には施術に空ける期間があるので、クリニックとよく相談の上で自分の脱毛ペースを決めていきましょう。

おすすめの脱毛クリニック

湘南美容外科クリニック

脱毛クリニックの中でも、できるだけリーズナブルな脱毛を受けたい人におすすめのクリニックです。脱毛クリニックでも料金設定が安めになっています。

また、脱毛クリニックながら主要都市も含めて全国展開しているので、自宅や勤務先の近くなど通いやすい立地に見つけやすいメリットもあります。

  • 湘南美容クリニック

    医療レーザー脱毛で太いヒゲにも効果を発揮「湘南美容クリニック」

    料金の目安 59,600円(税込・ヒゲ・6回)
    店舗種別 クリニック
    脱毛方法 医療レーザー脱毛
    総合評価
    ★★★★★

    湘南美容クリニックは、初診料無料、カウンセリング料無料で気軽に利用することができる、男性向け美容クリニックです。濃いひげにもしっかり対応、ヒゲの濃さは自在に調節することが可能です。 累計530,000件以上の実績で安心。スピーディーで綺麗な脱毛を実現います。選べるコースで、気になる部分だけをしっか…

ゴリラクリニック

男性脱毛の中でも、特にヒゲ脱毛に特化しています。

脱毛施術に使用する医療レーザーは5種類の機器を取り入れているため、患者さんのニーズに合った脱毛が可能です。コース終了後の100円(税抜)施術保証も嬉しいポイント。

マンチェスタークリニック

ほかの美容施術や男性特有の悩みに関する治療は行っておらず、脱毛専用のクリニックです。

脱毛クリニックに通うのが恥ずかしい、という男性でも安心して通える環境が整っています。有名なアスリートの脱毛施術事例も多いです。

まとめ

脱毛クリニックでヒゲ脱毛を検討するなら、後から公開しないように納得の脱毛クリニック選びが重要です。まずカウンセリングに行き話を聞いてみましょう。

ヒゲ脱毛には回数と期間もかかりますので、脱毛クリニックを決めたら同じクリニックとも長いお付き合いになります。脱毛の効果はもちろん、環境や通いやすさも重要になるでしょう。

費用や効果などヒゲ脱毛で気になっていることも、クリニックへ足を運んでカウンセリングを受けると全て解決できます。永久的にヒゲをなくしていきたいと思っている人は、脱毛クリニックで脱毛を始めてみましょう。

関連する人気の記事