1. ホーム
  2. 男の脱毛の記事一覧
  3. メンズ脱毛のキホンの「キ」
  4. ヒゲ脱毛はビジネスチャンスを生む!ヒゲがもたらす印象の変化

ヒゲ脱毛はビジネスチャンスを生む!ヒゲがもたらす印象の変化

男の見た目はヒゲが重要

男性的な顔の特徴のひとつがヒゲです。ヒゲは長さ、濃さ、範囲によってその人の顔の印象を大きく変化させます。世界各国の中には、成人男性はヒゲを伸ばす文化を持っている国もありますが、日本にはその文化はありません。

一般常識的に伸ばしっぱなしで整えられていない、いわゆる男性の不精ヒゲは不潔・不衛生・だらしないというイメージを持たれてきました。一方で、ヒゲそのもの全てを否定するのではなく、きちんと整えられたヒゲは現代においてファッションや自己表現のひとつとして受け入れられるようにもなってきました。

近年、時代の変遷とともにヒゲは許容されつつあるものの、いまだビジネスシーンにおいてヒゲはNGとされている業種や職種も多いのが事実です。

ここでは、ファッションではなくビジネスシーンでのヒゲのあり方を紹介していきます。ビジネス上で自分のヒゲは周りにどんな印象を与えているか気になる人や、ビジネスシーンでヒゲによる悪い印象を与えたくないと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

ビジネスマンに必要な清潔感の重要性

ヒゲが与える相手への印象

ファッションや自己表現の観点では、ヒゲそのものの存在は許容されつつあるものの、あくまでプライベートや一部の職種、業種においてです。

一般的なビジネスシーンでは、ヒゲには清潔感がないなどいまだマイナスイメージを持たれてしまうことがほとんどです。

例え清潔な髪型にピシッとしたスーツを着こなし、頭から足の先まで清潔感ただよう完璧な風貌をしていても、顔にうっすらヒゲが生えているのに気が付いただけで、相手を不快にさせてしまうことも少なくありません。

身だしなみが整っていない場合、相手に不快感を与えることがほとんど。例え人当たりがよく能力の高いビジネスマンでも、ヒゲが生えかけていればだらしない印象を与えてしまうでしょう。だらしない印象を与えてしまうと、安心して取引ややりとりを任せられる相手ではないと判断されます。

つまり、身だしなみひとつで取引が失敗してしまうこともあるのです。

初対面では第一印象を決める要素

また就職活動や面接、取引先との面談など初対面の人と接する場所では、まだお互いの内面や情報を全く持っていない状態で対峙します。初対面では相手の情報を外見から得ようとするため、第一印象がその後のビジネスチャンスを決めるといっても過言ではありません。

顔の印象を決め、まさに身だしなみの要ともいえるヒゲをきちんと整えれば、清潔感のある印象を与えられ第一印象も良くなり、高い評価や採用など、ビジネスの成功につながります。特に就職面接ではほとんどの企業がフレッシュな人材や社会人としての常識的な行動ができる人材を求めています。

若々しさ、社会人としてふさわしい身だしなみという観点でも、ヒゲをきれいに剃るのは重要なのです。

女性の社会進出とヒゲ脱毛の関係性

現代では女性の社会進出も当たり前になりました。結婚や出産後も働き続ける女性も珍しくありませんし、男性と同じように働くキャリアウーマンも以前と比べて増加しています。よって、ビジネスシーンにおいても自分の上司や取引先の担当の方が必ずしも男性とは限らないのです。

さらに、直接取引やビジネス上で接するだけでなく、人事評価を行う方が女性の場合もあるでしょう。一般常識である基本的な身だしなみに加えて、服装やメイク、髪型など女性は男性よりも外見を飾るための選択肢も多くなっています。

男性よりも自己表現として外見的要素を求められることの多い女性は、男性よりも相手の外見の印象を重視する傾向にあります。よって、より良い印象を相手に与えるために日頃から美容やファッションに関心を持ち、自分磨きを行っている女性も少なくありません。

外見から受けた印象に対する評価は、男性よりも女性の方がよりシビアです。そのため、男性しかいない会社よりも、女性もいる会社の方が、男性は外見的にどのように見られているか気になる人が多くなっています。よって、会社に女性がいるだけで男性は今まで以上により身だしなみを気にかけるようになります。

実際に会社や取引先など、ビジネス環境の中に女性がいるかいないかで、身だしなみや美容に対する男性の気の使い方は異なるともいわれています。

つまり女性の社会進出に伴い、男性と女性がビジネスシーンを共有する機会も増えたことから、男性の身だしなみに対する意識は近年より高まってきたといえます。

そのため女性にも不快感を与えない外見と印象作りをする必要性がより深くなりました。服装や髪型などの従来の要素に加えて、エチケットの観点からヒゲの手入れや処理を選択する男性も増加してきています。

ヒゲが許可されている業界

ファッションが重要なアパレル業界、美容・理容業界、芸能界

アパレル業界や美容・理容業界、芸能界は、外見を飾るためのサービスを提供したり、人そのものを魅力的に見せたりする業種です。よって、働く男性自身の外見も仕事や商品価値に直結するビジネスといえます。

自身の外見にも個性やファッション性が求められるため、自己表現やファッションのツールとしてヒゲも用いる男性もおのずと増加しています。よって、ヒゲが許容されている場合が多いです。

また、芸能界では役作りのために整えたヒゲだけでなく不精ヒゲを伸ばすなど、表現方法や仕事の一環としてもヒゲを使用することもあります。

文化風習、実力主義で左右される外資系企業(保険・金融等)、IT・通信業

外資系企業の場合は、オフィスは日本にあっても社風や規則などはその企業の母国の文化や風習に則られる場合が多いです。母国でヒゲに対して「整っていれば伸ばしても良い」、「伸ばしても剃っても特に気にしない」という考え方が強いのなら、企業内でもヒゲが許されている場合も多いでしょう。

さらに文化や風習に加えて、年功序列や終身雇用を重視する日系企業に対して、外資系企業は実力主義な考え方の企業も多くなっています。「仕事さえできれば身だしなみは問わない」と、仕事の成果以外の要素を求めない傾向にあるので、ヒゲを含めて身だしなみそのものがゆるい企業もあります。実力主義による身だしなみへのゆるさは、外資系企業だけでなく日本のITや通信業など、比較的新しい分野の企業や職種にも傾向として現れています。

身だしなみの需要度が低く規則がないクリエイティブ

漫画家やライター、デザイナーなどのクリエイティブ職は、自宅やオフィスで黙々と作品を完成させることも多いでしょう。そもそも人と接する機会が少ない業種であったことに加えて、近年ではネット上でやりとりも行うため、全く対面せずに仕事が完結してしまうことも多いです。

元々身だしなみの重要性を求められていないことに加えて、クリエイティブ職は企業や団体に所属せずフリーとして活躍する人が多くなっています。服装や髪形など、身だしなみに関する規則に縛られることがないため、ヒゲを伸ばしても問題ないことがあげられます。

全ての業界が許容されているわけではない

業種によってはヒゲが許容されている場合もありますが、あくまで全体的な傾向です。企業や職場によっては「ビジネスシーンではヒゲを剃るべき」と、一般的なビジネス常識としてヒゲが許されない場合も当然あります。

また、例えヒゲが許されている環境で働いていても相手に不快感を与えない身だしなみを心がけたい人、そもそもヒゲが似合わない人なら、わざわざヒゲを延ばさずきれいに剃るようにするでしょう。

ヒゲによるマイナスイメージを回避する3つの方法

ビジネスシーンにおいてヒゲによるマイナスイメージを回避するには、ヒゲを剃る・ヒゲを整える・ヒゲを脱毛する、の3つの方法があります。

とはいえ、忙しいビジネスマンにとっては毎日のヒゲ剃りやヒゲの手入れは大変な手間でもあり、悩んでいる人も少なくありません。さらに、ヒゲが濃い、伸びが早い、肌が弱いなど人によってはよりヒゲの処理方法に悩んでしまうこともあるでしょう。

これらの手間を回避する上でも、今ビジネスマンの間でヒゲ脱毛を検討する人も少なくありません。脱毛とは器具や技術を使って体毛を意図的に除去することで、美容や身だしなみを整える目的で行われています。

以前は女性がメインで脱毛を行っていたが、現在では男性のためのメンズ脱毛を手掛けるクリニックや脱毛サロンも多くなってきました。そして、脱毛する箇所も細分化されているため、ビジネスマンにはヒゲのみを脱毛できるヒゲ脱毛が注目されるようになりました。

ビジネスマンに流行りのヒゲ脱毛

部分的に処理が可能なヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛の中には、全てのヒゲを脱毛するだけでなく、必要な部分を残して整えるデザイン脱毛というのもあります。身だしなみだけでなく、自己表現やファッション目的のためにヒゲ脱毛を利用すれば、手間をかけずに自分の理想のヒゲにすることも可能です。

業種や職種によってはビジネスシーンでもヒゲが許可されていることもあります。とはいえ、ヒゲが許可されているからといって全く手入れをせず伸ばしっぱなしなのは、一般常識的にもNGでしょう。きれいにヒゲの一部分を整えることで、清潔感も出せます。

ヒゲ脱毛の脱毛方法は3種類

医療レーザー脱毛

医療機関のみで実施しているのが医療レーザー脱毛です。免許を持った医師や看護師のみができる脱毛施術で、レーザーが毛母細胞を破壊、再生を防ぐため、ムダ毛の永久脱毛が可能です。効果が高いため、痛みが伴いますがクリニックによっては麻酔を用意している場合もあります。施術時間は一般的に10~15分です。

人間の体毛は、生えてくる場所によって毛根の深さが異なります。当然毛根の深い毛は処理しにくくなっています。毛根の濃い口ヒゲやあごのヒゲは特に脱毛しにくいですが、威力の高いレーザー脱毛なら、ヒゲの脱毛にも効果が出やすくなっています。

光・フラッシュ脱毛

医療機関ではなくエステサロンで行う、最もポピュラーな脱毛方法です。ムダ毛の黒い点であるメラミン色素に反応する光をあてて、毛母細胞に熱を加えて脱毛していきます。

医療レーザーよりも威力が弱いため、医療レーザー脱毛ほどの永久脱毛効果は期待できませんが、痛みの程度は輪ゴムをはじいた程度と少なく、費用も医療レーザー脱毛より安い傾向にあります。脱毛にかかる時間も1回あたり5分程度と短く、口下とあご下など、同時に複数の場所の除毛も進められます。ヒゲ脱毛との相性も良く、通う期間とコストとのバランスが良い脱毛方法です。

ニードル脱毛

毛穴に針を差し込み、電気を与えて毛根細胞を破壊する脱毛方法です。針脱毛とも呼ばれています。一本ずつ脱毛できるので、デザイン性を求めるヒゲ脱毛に最適ですが、激しい痛みを伴います。

初めての方にオススメのヒゲ脱毛方法

ヒゲはデリケートな顔に生えてくるムダ毛です。よって、ヒゲ脱毛は男性の脱毛の中でも特に痛いともいわれています。初めてヒゲ脱毛をするなら、痛みを感じにくい脱毛サロンでの光・フラッシュ脱毛がおすすめです。

また、低価格でヒゲ脱毛を試せるトライアル料金を設定している脱毛サロンも多いため、ヒゲ脱毛の効果や見た目がどのように変わるかを気軽に試せるメリットも得られます。実際の脱毛の前に無料のカウンセリングを行い、ヒゲを完全に脱毛するか整えたいかなどの細かい希望もしっかり聞き取ります。

さらに、ヒゲの生え方や量など、脱毛を希望する男性のヒゲの状態に応じた施術やケアを行うので、初めての人でも安心です。女性に施術されるのが恥ずかしい場合も、男性スタッフを希望できる脱毛サロンが多いです。

もちろん、個人によってヒゲ脱毛に求めるメリットや目的は異なりますので、どのヒゲ脱毛の方法が最適かは人それぞれで違ってくるでしょう。それでも、初めてヒゲ脱毛を経験する方には、傷みも少なく低価格の脱毛サロンは不安感を解消する面でも始めやすいと覚えておいてください。

まとめ

ビジネスシーンでは、提案や企画力などの能力、勤勉さなど内面はもちろん、外見もビジネスマンとして評価される要素として見られています。
ボサボサのヒゲの状態では、だらしない人と印象付けられてしまう可能性が高く、マイナス要素でしかありません。清潔感のない外見は相手に不快感を与え、上司や部下と社内の人から、取引先、面接先まで「仕事のパートナーとして将来性がない」と捉えられてしまうでしょう。

逆に身なりも良く清潔感があれば第一印象も良く、初対面でもプラスの評価を得やすくなっています。

ビジネスシーンでは結果が伴わない、うまくいかないときもあります。けれども次のビジネスチャンスは巡って来るはずです。次のビジネスチャンスが来たとき、「だらしない人」と「清潔感がありしっかりした人」ではどちらをビジネスパートナーとして選ぶか考えれば、当然後者ですよね。

女性が服装やメイクで外見を整えるように、男性も外見や身だしなみは整えましょう。仕事でうまくいかないことがあるときは、見た目を変えることも大事かもしれません。

関連する人気の記事